ベトナムのオンラインカジノ事情と各団体の動向

オンラインカジノに参加する前に確認!
2012年からベトナムには積極的にゲーム企業の参入が見られ、現在ではゲーム性の高いオンラインカジノが多数WEB上で公開されています。
ですが各国で法令が整備されているので、資金も含めて参加する前の確認や準備を行う事が必要です。最も必要とされるのがクレジットカードで、一部金融機関の入金手段を用いない場合はクレジットサービスが必ず必要になります。
ただし一部クレジットカードブランドがベトナムでは対応していないケースもあるので、国際ブランドの物を用意する方が様々な場所でオンラインカジノを楽しめるようになります。
加えて発行企業側がオンラインカジノでの使用を制限している場合があるので、カード裏面に記載されたCVCやCVNやCVV2といった記載がある点を確認してください。

これはセキュリティコードの一種で、発行元が独自に設定している物でもあります。
加えてチップ購入が、クレジットカード側でキャッシング扱いになっている物もあるので、プレイ環境に合わせてキャッシング枠の申請が必要です。
身分証明証の役目と提示を要求される環境
ベトナムの多くのオンラインカジノでは、払戻金を始めて出金手続きする場合は身分証明証の提出を求められます。
また不正を防止する役目から一定金額以上の出金手続きにも、身分証明証が必要な事情もあります。

中でも口座は定期的に本人確認をして、他人の払戻金が意図せぬ形で出金されてしまう事を防ぐ目的も存在します。
こういった事情からベトナムのオンラインカジノで身分証明の提示を求められた場合は、セキュリティ面を考えて必ず提出に応じる様にしてください。
尚オンラインカジノでプレイする事情から提出はFAXかメールになるので、コピーやメールのテンプレート化した物を事前用意しておくと円滑に手続きができます。
注意点はベトナムの窓口では日本語対応をしていない場所も存在するので、身分証明証がパスポート等の英語記載の物に限定される傾向があります。
なので行政発行できる書面は英語表記で用意できないか、事前に確認する事をお勧めします。
インターネットバンキング口座を準備する理由
ベトナムの通貨は日本国内と違い1ドンになっているので、チップ購入も全て現地通貨での支払いが要求されます。

これには外貨を扱えるインターネットバンキング口座が必要なので、ベトナムの通貨に対応している口座を開設できる金融機関を探しましょう。
ただしベトナムの現地企業によってはアメリカドルでの支払いに対応しているタイプもあるので、事前に使用可能通貨を確認する事も重要です。
現地から直接オンラインカジノにアクセスする場合は、国際キャッシュに対応している口座から直接支払いも可能なので、自身のプレイ環境に合わせた方法もお勧めします。
この傾向はホーチミン等ベトナムの巨大都市に窓口を構えている企業に特に現れている傾向が強いので、企業側に推奨環境を問い合わせるのも一つの方法です。
未来的な視野を考慮したベトナムについて
2019年を境に外国人専用をテーマにした、ベトナム国内企業のカジノ運営ライセンスの取得が注目されています。

それを見越した対応も現地の新型法令の制定という形で実現しており、電子ゲームパーラーを利用したオンラインサービスが定着しています。
しかし国内の経済状況を加味して、21歳以上で一定の月収入がある条件を緩和できない事情もあるので、サービスの利用は身分証明があってもできない可能性があります。
その代わりプレイ可能条件を満たしてさえいれば、施設を含めた投資資本が40億ドル規模の環境で遊べるので、長期間楽しめる環境も注目されています。
この環境設定には日系企業の参加も散見されており、将来的な参加を見据えている方は現地参入企業の動向をチェックしておく準備もお勧めです。

ベトナム政府が対応している事情について
暗号通貨の整備状況が最適化されてきている状況を受けて、ベトナム政府ではオンラインカジノでの仮想通貨の制限を合法化する動きが出ています。
現地では日本人向けの攻略WEBサイトの開設や、日本人サポートの充実化を図った窓口も存在するので、オンラインならば手軽に始められる敷居になった傾向があります。
現在ではスポンサー企業も募集しており、その中には日本の大手企業の名前も見られるため、信頼度の面からもベトナムは多くのギャンブラーに注目されている地域になりました。
この状況に利便性が追加されたのが携帯端末でのプレイ環境で、政府は既に現地企業に対して4事業免許を交付しています。

そのためベトナムのオンラインカジノ産業はかつてない程の盛り上がりを見せているので、参加は
前向きな検討を強くお勧めします。運営元が記載されたオンラインカジノランキングが役に立つでしょう。
その時には現地企業だけでなく日本国内企業がゲーム製作に関わっている物をプレイすると、面白さの要因を掴みやすくなるのでお勧めです。