ベトナムのカジノの法律として

ベトナムのカジノにおいては実は自国民と言うのは入れないという方向で話が進んでいたわけであり、実際に運用されていたわけです。そもそもカジノと言うのは外国人を集客するために利用させると言う事が多くあるので、実に当然な事になります。ギャンブルというのは身を滅ぼすこともあるわけですから当然のこととして自国民にはそんなことはさせたくないと考えるのが政府としては常識的な判断となります。

しかし、法律でそう決まってはいるのですがいくらか条件が緩和されてきているのがベトナムの火事です。まず、細かい条件が規則として出来ました。満21歳以上である事、民事行為能力がある事、そしてかなり重要であるのが、毎月の収入が1000万VNDである事をしっかりと証明する事や入場料を支払う、と言う事にもなります。

しかし、家族などから入場を認める事がないように、と言うことが要請されたのであれば禁止される、ともなっているのです。カジノの内規を遵守することと納税の義務を果たす事と言うのがひとつの大きな守るべき規約として決められています。基本的に自国民は入れないという方向で許可がされていたわけですが、既に入れように条件付きではありますが柔軟に対応し始めているとなるわけです。