日本では公営ギャンブルで得た収入は課税対象になりますが、これが海外のカジノの場合はどうなっているのかというのは、海外に渡航する人の感心の一つだと言えます。

ブラックジャックの最強攻略法を伝えます!プロの必勝法←こちらも確認!

まずベトナムにあるカジノで賞金を獲得した場合にはベトナムで規定されている所得税が徴収されますが、外国人の場合には外国税額控除が適用されるので日本での納税額は少なくなります。日本に帰ってきたら旅行代金や現地に滞在するために税務署が必要と認めてくれれば経費で控除の対象になりますが、一定の金額以上の賞金を獲得したら一時所得で確定申告によって税金を納税しないといけなくなります。

獲得した賞金額が少なすぎたり負けた場合は当然に何もしなくていいのですが、ここでの支払い方法は小切手になるので換金する際に身元を証明するものを銀行などに提示しなければいけないため、自分の身元を第三者が知ることになるので、現金化して黙って日本国内に持ち込んでも発覚する可能性がとても高くなるため、確定申告はきちんと行って下さい。

海外でギャンブルを通じて獲得した賞金はほとんどが現地の国で税金を徴収された後、日本でも課税対象になります。海外で獲得した賞金なので発覚しないと考えて申告を怠ると、以後にわかった場合は追徴課税で税額が加算されていまうので正規の方法で税金の処理を行って下さい。